タッチアンドゴー! 台湾へいくぜ!

マイルをためて台湾へ行こう!

大久保利通: 西郷どんを屠った男 (読書メモ)

大久保利通: 西郷どんを屠った男

大久保利通: 西郷どんを屠った男

前回「工作員西郷隆盛 謀略の幕末維新史」を読んで、日本と台湾の現在の友好関係のそもそものきっかけを作ったのは大久保利通であると確信し、引き続き大久保利通に関する本を読んでいる。

工作員西郷隆盛 謀略の幕末維新史」ではあたかも大久保利通台湾出兵を主張したかのように書かれていたが、こちらの本では全然違う。

琉球の人が台湾の人に殺されたことをきっかけに出兵してしまったのは西郷隆盛の弟の従道である。

当時征韓論に負けて、すねて鹿児島へ帰っていた兄の隆盛の機嫌を取るために、事前にこの出兵のために鹿児島県士族の助けを乞い、兵を借りていた。

だから今更中止できなかったというのだ。

つまり大久保利通台湾出兵を止めようとしたが、間に合わなかったと。

で、なんとか平和的に解決するために自ら清国へ赴き、交渉する。

「台湾は清国の統治が及んでいないのだから出兵するのはかまわないはず。もし自国の領土であるというのなら、我が国の台湾への出兵を義挙と認め、賠償金を支払え」

としつこく繰り返し清国の担当者を辟易させ、とうとう条件をのませたという。

このような国家の難局にあたっての大久保利通の責任感と実行力については大隈重信や林董も絶賛している。

台湾の人も養命酒を飲んだりするのだろうか?

今年の夏はきつかった。

特に弱ることもなく、食欲もあったし、なんとか乗り切ったという感じではあるが、おそらく身体はダメージを受けているだろう。

そんな盆休み中に乗った電車が全面養命酒の広告であった。

冷え性や弱った胃腸に効く。

うん、飲んでみたい!

ということで家族とも意気投合し、早速購入して飲んでみている。

まだ三日目、効き目が出ているのかどうかはっきりしないが、とにかく臭いし、まずいし、一日3回、おえーって感じで我慢して飲んでいる。

はてさて、台湾の人も養命酒を飲んだりするのだろうか?

www.taipeinavi.com

こういう記事ではお店のディスプレイに養命酒が並んでいるが。。。

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

「春の雪」、松枝侯爵家の別荘は旧前田侯爵家鎌倉別邸

太平洋戦争中、座間市にあった高座海軍工廠で戦闘機の生産に従事したという台湾少年工。

その台湾の少年たちに雨月物語を読んで聞かせたという三島由紀夫先生だが、その遺作である豊饒の海の「春の雪」。

ここに松枝侯爵家の別荘として登場するのがなんと! 旧前田侯爵家鎌倉別邸なんだそうだ。

ひえええ。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

しかも酒井美意子さんと三島由紀夫は親しい仲だったとか。

ひええええ。

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)

北の丸公園、吉田茂の銅像と台湾の帰属

終戦記念日の前日だったが、靖国神社へお参りに行ってきた。

会場作りでテント設営のクレーン車が出ていて、その代わり観光バスは一台もなかった。

がっかりしたのが売店の奥の軽食の店が建替工事とかで全部閉まっていたこと。

子供らも諦めていちご味のかき氷を食べていました。

で、せっかくだからということで暑い中、武道館の前を通って北の丸公園へ。

そこにはなんと、吉田茂銅像が建っていた!

f:id:touch-and-go:20180817115854j:plain

誰も知らねー。

吉田茂ってどんな人だったのかなと検索してみて驚いた。

こんな記事がある。

ameblo.jp

なぬー、その帰属はまだ決まっていないー?ってちょっと。。

これはちょっと調べてみる価値あり。

大磯随想・世界と日本 (中公文庫プレミアム)

大磯随想・世界と日本 (中公文庫プレミアム)

明治神宮へ台湾の木で作られた大鳥居を見に行ってきた

盆休みも暑い日が続いているが、多少はいいだろうということで原宿に出て、明治神宮へ参拝してきた。

f:id:touch-and-go:20180816112406j:plain
大鳥居

一応10時半過ぎには着いたんだが、まあとにかく外国人の観光客が多くて大混雑といった感じ。

大鳥居の説明は

我が国で最も大きい木造の『明神鳥居』。昭和50年12月23日建替竣工。篤志家により奉献。形式寸法共に大正9年創建の鳥居に同じ。原木は台湾丹大山の樹齢1,500年に及ぶ扁柏。 とのこと。

阿里山じゃないんだ。。。

で、明治神宮だけど。

まあ、普通に参拝する分にはいいんだが、500円払うと明治神宮御苑という、一歩中に踏み込んだ森に入ることが出来る。

これがまあ、実にすごい。

匂いといい、空気といい、山だ(^_^;

子供らが盛り上がっちゃってずんずん歩いて行ったのでやはり山にはそういうパワーがあるのかもしれないが、なにか神秘的なものを感じさせる鬱蒼とした森を抜けるとそこに突如広がる池。

衝撃的である。

有料なので観光客も少なくてよい。

東京にいることを忘れるというが本当だ。

表参道の雑踏を目にすると唖然とする。

広島、長崎の原爆の日

8月ということで広島、長崎と原爆の日が続く。

調べてみると台湾の人で長崎で被爆された方がいらっしゃるようだ。

news.searchina.net

ameblo.jp

台湾の被爆者たち

台湾の被爆者たち