タッチアンドゴー! 台湾へいくぜ!

マイルをためて台湾へ行こう!

戦争と平和(読書メモ)

戦争と平和 (新潮新書)

戦争と平和 (新潮新書)

永遠の0の作者による戦争についての本。

1章が日本の戦闘機とアメリカやドイツなどの戦闘機との比較や、戦い方、その背後にある考え方から日本は戦争に向いていない民族だという話。

2章が「永遠の0」に対する様々な批判に対して、引用や解説をして回答し、けして戦争賛美小説ではない、という話。

3章が日本国憲法は変えた方がいいという話。

なるほどそういうことなら確かに憲法は日本人がちゃんと作り直した方がいいね、と思った。

自分の国の憲法だからね。

左翼的な、反米、反帝国主義とか言ってた人たちがなにゆえ憲法改正に反対なのかしら。。。

朝日新聞からの批判とか、石田衣良とか宮崎駿とか林真理子とかの話もでてきて面白かった。